動画制作・動画コンサルティングの株式会社LOCUS(東京都渋谷区)動画が、ビジネスを動かす。

CLIENT INTERVIEWSお客様インタビュー

アークシステムワークス株式会社様

  • 映像制作
  • WEBサービス
  • 認知拡大
  • マーケティング

プロモーション動画は、お客様にゲームの存在と内容を
知っていただくために不可欠なツール

ダウンロードゲーム市場で7作を生み出した「脱出アドベンチャー」シリーズ、街育成シミュレーションゲーム「大開拓時代」など、これまでLOCUSが担当したアークシステムワークスのプロモーション動画(PV)は約30本。今や動画はゲームのプロモーション活動に欠かせないツールになっています。

アークシステムワークスの動画施策やPV制作で心がけていることなどについて、同社プロデューサーの島田聡氏にうかがいました。

  • ツイート

まず動画プロモーションを始めた時期、きっかけについてお聞かせください。

島田氏: 2008年頃からです。もともと当社では、動画に限らずプロモーション活動は積極的に行ってきましたが、ダウンロードゲーム市場は当時まだ規模が小さく、動画を使ってまでPRするという動きにはなっていませんでした。

ただ一方で、ゲーム機自体の高性能化が進んで映像を再生できることが当たり前になり、さらにYouTubeやニコニコ動画など、動画でゲームをアピールできる場も増えていました。そうした時代の流れを感じながら、これからはダウンロードゲームもPVをもっと活用すべきだと思うようになり、動画に取り組み始めたのです。

LOCUSとのお付き合いは2012年からですが、その前はどうされていたのですか。

島田氏: 最初は、担当ディレクターが直接PVを作ったりしていましたが、動画制作のプロではないので、クオリティはそれなりのものになりますし、かなりの時間もとられてしまいます。

ゲームのクオリティに対するユーザーの評価基準が高まる中、PV制作まで自社でやることで人材面のバランスが取れなくなっていました。それだったら、我々はゲーム制作に集中して、PVは専門家に任せたほうがいいということになったんです。その頃ですね、LOCUSさんと出会ったのは。こちらからコンタクトをとったら営業担当の方がすぐに来てくれて、「なんてフットワークが軽いんだろう」と感動したことを覚えています。

ゲーム「月英学園-kou-」紹介映像

動画制作のパートナーとしてのLOCUSをどう見ていますか?

島田氏: 1本目を制作するときは、一緒にたくさん試行錯誤しました。それまで他社さんに外注していたときは、大まかな構成書と絵コンテをこちらで用意して、あとはお任せという感じでしたが、LOCUSさんにはかなり細かいところまで構成書に書くよう求められました。担当の方と何度も話し合って、正直、「ここまで言わないとダメなのかな」と思うこともありましたし、ぶつかり合ったときもありました。

しかしそうした段階を経たおかげで、今ではLOCUSさんにお願いしたPVで仕上がりにギャップを感じることはありません。それよりも、「なるほど、こういった見せ方があるのか」と発見することが多いですね。私たちは、構成書は作れても、動画の技術や演出の引き出しはあまり持っていません。ですから、LOCUSさんに出す要望は漠然としたものになってしまいます。それでも、タイトルのシナリオやキャラクターなど、どこを活かせば魅力が伝わるかを熟考したうえで、高い完成度で要望に応えていただける。

また、当社では、海外向け、国内向け合わせて年間数十本のタイトルを発売しています。その大半がどうしても夏休みや年末など特定のシーズンに集中しますので、PVに関しても急にバタバタとお願いしなければならないことがあるのですが、そんなときでも期待以上の結果を出してくれるのでいつも感謝しています。

動画の販促効果についてはどのようにお考えですか?

島田氏: そうですね。正直、PVの成果は数字で表れにくく、直接売上に結びついたと実感できることもあまりありません。というより、その逆で、今は本当にPVが一般化して、あるのが当然のものになっています。

同時にダウンロードゲームもタイトルが年々増えて、多くの会社が差別化やPR戦略に躍起になっています。プラスの効果というより、「動画を作らないほうがマイナス」といった感覚が近いかもしれません。「このゲーム、動画もないの?」とお客様からの評価が下がらないように。

当社がPV制作の際に常に心がけているのは、ゲームの内容、おもしろさをお客様の目線でわかりやすく伝えることです。もちろん、インパクトのある映像で「なんだろう、これ?」とさらに興味を持ってもらうという導線もあるかと思います。しかし、私は奇をてらわない動画のほうがお客様に安心感を与え、結果的にロングセラーにつながると考えています。

では最後に、今後の動画プロモーションの展望についてお聞かせください。

島田氏: これからもLOCUSさんには、いままでどおり多くのPV制作をお願いしていくことになると思います。さらに、今ちょうど動画の新しい活用法について、LOCUSさんと企画を出し合っているところなので、何か新しい取り組みもスタートするかもしれません。

動画の制作だけでなく、最先端の動画マーケティングの知識やノウハウを持っていて、そうした相談ができるのもLOCUSさんの強みですよね。これまでとは違った切り口で成果を上げる方法論や、PV以外の動画の活用法など、LOCUSさんにアドバイスをいただきながら、これからも動画をどんどん活用していきたいと考えています。

企業プロフィール

アークシステムワークス株式会社

アークシステムワークス株式会社

1988年創業。海外や国内に向けて、家庭用から業務用まで幅広いゲームソフトを年間30本以上開発。長年培った実績を活かした高い技術とオリジナリティあふれるゲーム開発には定評がある。主なタイトルに『ギルティギア』シリーズ、『ブレイブルー』シリーズ、『くにおくん』シリーズがある。

こちらも併せてご覧ください

JFD株式会社様

JFD株式会社様

動画は強力な営業補助ツール。『人の顔が見える』動画が店舗開発に役立っています Read more
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ様

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ様

一度に大量の情報を提供できる動画の特性を理解して、効果的なマーケティングを Read more
ハウス食品株式会社様

ハウス食品株式会社様

リアルな仕事内容を伝える動画セミナーが、人材採用に効果を発揮しています Read more
株式会社コネクシオ様

株式会社コネクシオ様

コネクシオは人財が強み。社員の生の言葉を伝える動画が採用活動に役立っています Read more

Back To Top