LOCUS BLOGLOCUSブログ

2019.10.20

【採用 × 動画】採用活動のプロセスごとに見る動画活用

  • ツイート

あなたの会社では採用動画を使っていますか?

その動画は効果的に活用できていますか?

今回は採用動画の活用方法、および活用する際に重要な点を制作の観点・視聴者の観点から深掘っていきます。

<新卒採用市場×動画活用市場>

「説明会に毎度社員を呼べないからインタビュー動画を説明会で流す。」

数年前までは情報を補填するためのツールとして活用されるケースが大半でした。

現在ではどうでしょう?

説明会はもちろん、動画広告やHPにコンセプト動画を掲載するなど補填ではなく、接点を作るツールとしてポジティブに活用されるようになってきました。

その背景にはネット社会の成長、求職者の選職活動の変化、学生のデジタルネイティブ化などの影響があります。

1.ネット社会が成長したことによって、WEB上で購買活動が活発化。

EC市場が成長し、WEB上でモノを選んで購入する時代になりました。

それに合わせてWEBマーケティングも活発化し、採用市場にも考え方が流れ込んできています。

2.求職者の仕事選びの観点の変化

大手一強という時代ではなくなってきました。

企業選びの軸が【給料、安定、終身雇用】から【キャリア、スキル、社会的価値】へと変化してきています。

3.デジタルネイティブ世代

今の学生は普段スマホで何をしているかご存知でしょうか?

大学生の平均スマホ使用時間は3時間。

LINEやアプリ、ゲーム、音楽、映画など昔と比べて端末一つでできることが増えていますが、

驚くのは4人に1人は一日に30分以上動画を視聴しており、スマホ利用の内20%を動画視聴に費やしていることです。

YoutuberやTiktokが台頭していることもあり、スマホ×動画の相性が良いことは証明されています。

勉強をしないとジェネレーションギャップにどんどん差が生まれていますね。

今までのように補填として動画を活用するのではなく時代に合わせてうまく動画活用をしていくと、より採用活動の成功につながっていきます。

採用動画は時代に合わせてうまく活用していくことでより価値を発揮できるようになることをご理解いただけたかと思います。

では、具体的にどのように採用動画を活用していけばよいか、事例と合わせてご紹介いたします。

<新卒採用×動画マーケティング>

求職者が企業に応募し選考に入るまでのプロセスを見える化して、採用課題に応じて手段を立案することが大切です。

応募から選考までの採用活動の中では大きく下記の3フェーズに分けられます。

◯会社を知ってもらう(=企業認知・興味)

◯選択肢に残るための他社との差別化 (=企業理解)

◯選んでもらうための理由付け (=動機形成)

それでは具体的にどのような動画をどのように活用しているか見ていきましょう。

■まずは、会社を知ってもらうこと(認知拡大・興味)

「株式会社ベルク 採用広告動画」

https://www.youtube.com/watch?v=2qT9-VNM2zk

制作:LOCUS(費用はお問い合わせください。)

埼玉県を中心に展開しているスーパーマーケットのベルク。

実際に働く場所に制限があるため、埼玉県にいる大学生にターゲティングしてYoutube広告を配信しました。

主人公を就活中の学生にすることで共感を生みつつ、ドラマ仕立ての動画で視聴し続けてもらうことを意識して制作しています。

成果としては採用サイトへの流入率が例年の200%まで伸びました。

応募が集まらない、採用人数に対して応募が足りていない、BtoB企業で学生に認知されていない

という企業は求人媒体だけでなく自社で学生を集める必要もあるかもしれません。

■次に、他社との違いを理解してもらうこと(企業理解)

「住友生命保険相互会社 4つの数字で知る住友生命」

https://www.locus-inc.co.jp/works/180987607/

制作:LOCUS(費用はお問い合わせください。)

採用サイトのTOPページに他の生命保険企業と何が違うのかを示す動画を掲載。

認知段階、選考段階など様々なシーンで視聴していただけるように数字で見る◯◯という動画を制作しました。

また、生命保険という形のない商品を販売しているため実写ではなくアニメーション+ナレーションの構成で制作しています。

明確な違いを示せる場合、数字が一番の効果があります。(No1や世界初など)

数字で違いを示しにくい場合、理念や制度など差別化を図れる部分を押し出すことをおすすめしています。

■最後に、選んでもらえるように理由付けすること(動機形成)

「日本空調衛生工事業協会様 ダクト技術者インタビュー」

https://www.locus-inc.co.jp/works/242031235/

制作:LOCUS(費用はお問い合わせください。)

空調衛生業界の現場における、技術者の採用を推進するために制作した現場インタビュー動画です。

学生がイメージしづらい業種においても、きちんと実際に働く社員の声を届けていくことで仕事内容はイメージできるようになりますが、それだけではなく働く現場をイメージさせることも必要になります。

業界柄、施工現場に撮影で立ち入ることが難しいことが多いですが作業場や建設現場の雰囲気を感じられるよう、たくさんの場所で撮影しています。

上記動画のような複数名のインタビューだけではなく、例えば1日密着や社員同士の座談会、クライアントインタビューなど表現の選択肢はたくさん考えられます。

新卒採用における動画活用事例、いかがでしたでしょうか?

ネット社会とガジェット(機材)が日々進化していますので動画の在り方も日々進化しています。

具体的には今までは監督、カメラマン、照明、音声、編集者と分業が当たり前の世界でしたが

今では全てをこなすクリエイターが進出してきているなど、動画業界内だけで見ても日々進化しています。

近年目まぐるしく変化する新卒採用市場。

動画は他の採用ツールに比べて馴染みが少ないかもしれませんが、一つの知識として貴社の採用活動の一助となれますと光栄です。

Back To Top