LOCUS BLOGLOCUSブログ

2019.10.16

11/17(日)学生向けイベント「動画業界まるわかり会議。」開催します!※無料

  • ツイート

株式会社LOCUS presents

動画業界まるわかり会議。
-いま一番アツいと言われている動画業界のことがよくわかる180分!-

■日時
2019年11月17日(日)13:00〜16:00

■開催場所
株式会社LOCUS
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル2号館13階

■開催概要
 株式会社LOCUSは、2010年の創業以降、
 クライアント様の課題解決のために、動画を軸とした様々なサービスを提供しています。

 今回のイベントでは、いま盛り上がりを見せている「動画業界」について
 学生のみなさんにお話させていただきます。

 動画業界ってどうなってるの?制作会社のリアルって?
 本当にフリーランスで働けるの?など、みなさんがギモンに思っていることに
 LOCUSスタッフと、登録クリエイターがお答えします!

 「動画」や「動画業界」について少しでも興味があればぜひご参加ください!

■対象
 専門学校/短大/大学/映像制作学校・スクールなどに通う
 「動画業界」に興味のある学生  ※学年、年齢は不問です

■参加費:無料
■人数:限定20名!

 ※応募者多数の場合、抽選となる可能性があります。
  あらかじめご了承ください。

■申し込み方法
 以下のお申し込みフォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
 お申し込み確認後、LOCUSよりご連絡いたします。
 https://forms.gle/upCujEHgfy8KRTpr5

■登壇者紹介

クリエイター 高橋遼

◇略歴
1988年生まれ。2011年に独立、最先端技術からアナログ技術を結ぶクリエイティブを提案。
主な事例として、サンシャイン水族館「ペンギンナビ」においては、カンヌライオンズでの最高賞であるゴールド受賞。
その他に、朝日新聞AR広告プロジェクト、スターバックス・コーヒージャパン 「清川あさみコラボキャンペーン」、HIS ARプロモーション、Jリーグ「ヤマザキナビスコカップ2012ARプロモーション」、積水ハウスARプロモーション、サンライズ ガンダム35周年「ガンダムUC」プロモーション、松竹「クロユリ団地」公開記念プロモーション等、多数のプロモーションを手がける。
CM,MVなどの商業映像を始めとし、シネマティックな世界観での映像表現を追求。海外のフィルムフェスティバルでの受賞など、映像作家としても活動している。

– Awards
Cannes Lions (2013,2014) - Gold / Silver /Bronze
ADFEST (2014) – Silver LOTUS
Spikes Asia (2013) – Silver
Top Shorts (2018 ) – Best Sound Design & Honorable Mention : Music Video
Design Award Asia(2018) – DOTD “Design Of The Day”
Tokyo Lift-Off Film Festival(2018) – Official Selection

LOCUS 渡邊友浩 ※新卒入社3年目!

◇略歴
2017年4月 株式会社LOCUSに新卒で入社。
大学在学中は京都市内を中心に、大道芸パフォーマンスを行う。
専攻は社会学で、卒業論文のテーマは「テレビ視聴率についての社会学的考察」

LOCUSに入社以来、営業としてフロントに立ち、
幅広い領域で企業のマーケティングを動画を通じて支援。

◇コメント
ぼくが就職活動をしていたのは、4年ほど前になります。昔からテレビやエンターテイメントが好きだったので、最初はテレビ局や広告業界を中心に就活をしていました。

就活初期は、クリエイティブや広告業界に関われさえすれば、良いという気持ちがほとんどでした。今思えば、代理店と制作会社の違いもわかっておらず、業界のことはまったく理解をしていなかったので、
こんなイベントがあったら良かったな~と思っています…笑

学生当時、映像の制作の知見は全く無かったですし、今でも映像の撮影や編集は全くできませんが、今では営業として、クライアントの課題解決のためにクリエイティブを提案しています。

動画業界と一言でいっても関わり方は様々だと思います。
このイベントを通じて、少しでも動画業界で働くイメージをつけていただければと思います。

LOCUS 黒木博孝 ※中途入社、プロデューサー

◇略歴
キャスティングや大手制作会社にてTV-CMを中心とした映像制作に従事した後、CM以外の幅広い動画制作に関りたいという思いから、LOCUSへ入社。
現在は主に広告主様/代理店様のマーケティングやクリエイティブ担当者様向けに、Web広告やプロモーション動画のプロデュースを担当。

◇コメント
「映像業界ってブラックなんでしょ?」「職人さんが多くて自分がその輪に入れるかわからない。。。」
そう思ってる学生の方は多いと思います。確かに一昔前はその傾向が強かったです。

でもいまは動画の作り方も出し方も多様化しています。ゴリゴリのCM案件からシネマフォトグラファーが活躍できる企業案件、youtuberの編集動画まで幅広く対応しているLOCUSで実際に仕事をしている現場の声を聞きに来て下さい。
きっと自分に合う映像業界での働き方が見つけられるんじゃないかなと思います。

LOCUS 満留幸治 ※中途入社、制作統括

◇略歴
学生時代より映画、TV、広告、動画配信など様々な映像ビジネスの現場を経験する傍ら、自身でも映画の制作や上映会、ワークショップを主催。その際に「集客」に苦労した経験から、「モノとヒトをつなぐ広告の仕事」に興味を持ち、サイバーエージェントGrの(株)マイクロアドを経て、LOCUSへ転職。

現在はクリエイティブ部門の責任者として、チームマネジメントや、クリエイターの採用活動に関わる傍ら、
宣伝会議 / YouTube公式イベント / デジタルハリウッド大学にて、「動画の企画や活用方法」をテーマに講師を担当。

◇コメント
「あなたは、仕事を通じて、何を成し遂げたいですか?」
この質問は、就職活動を控える学生さんなら、誰しもが悩むテーマだと思います。
私もかつては、そんな学生の一人でした。

動画業界で働く。その中でもキャリアの選択肢は様々あり、例えば、TVや映画など「コンテンツを作る側」なのか、「企業広告で活用されるクリエイティブを作る側」で働くのか。フリーランスか、会社員か…etc

当日は、登壇者それぞれの立場から「映像業界の”いま”と”これから”」を語ってもらいますので、学生の皆さんにとって「今後のキャリア」を考える機会にして頂けたら幸いです。

Back To Top