VIDEO USAGE 動画の活用用途

ゲームの広告・プロモーション動画の制作サービス
事例とともにポイント・メリットもご紹介

ゲームには多くのキャラクターが登場するだけではなく、ストーリーや操作説明などターゲットに訴求する内容が豊富にあることが特徴です。 このメリットを生かし、どの組み合わせがターゲットに一番響くのか効果検証を実施することができます。

得られた結果をアップデートしていくことで、動画の効果を最大限に上げることが可能になります。

ゲームプロモーション用動画の制作をご検討の方

まずはお気軽にご相談ください。

ゲームプロモーション用動画のメリット

  • ゲームの内容を的確にを伝えられる
  • ゲームの世界観をみせられる
  • 一連の操作内容をレクチャーできる
  • いつでもどこでも見ることができる

主な掲載場所/活用シーン

  • コーポレートサイト
  • サービスサイト
  • 動画広告・テレビCM
  • リアルイベント
  • サイネージ

LOCUS制作実績の一例

目的に応じた効果を引き出すためにLOCUSは動画を制作するだけではなく、どんな動画がクライアントのターゲットに適切かを検証し、それに基づいた制作を実施することが可能です。

ゲームアプリ「ジョーカー」プロモーション動画(株式会社アプリボット様)

冒頭の5秒間をゲームの世界観とタイトル名を訴求するように制作し、人気キャラクターの登場シーンの演出を立体的に見えるように工夫しました。
この動画の詳細を見る

ゲーム「ミリ姫大戦」プロモーション動画(株式会社ヘッドロック様)

冒頭では「ミリタリー」の世界観を、後半ではキャラクター紹介に重きを置き、「萌え」をアピールしながらゲームのコンセプトと魅力を余すことなく伝えています。
この動画の詳細を見る

ゲームアプリ「グリモア私立グリモワール魔法学園」プロモーション動画 (アプリボット様)

TrueView等の動画広告でA/Bテストを実施する目的で、世界観、声優、キャラクター押し、バズと目的を変えた5パターンを制作しました。 この動画は一番の特徴であるキャラとチャットができる機能をチャットの様子と、キャラの瞬きやボイスなどゲームの雰囲気やイメージが伝わるようにしています。
この動画の詳細を見る

探索ゲーム「夜廻」プロモーション動画(日本一ソフトウェア様)

ゲームタイトルや内容を一般公表する前に潜在顧客層の期待感を高め、SNSでユーザーの議論を起こすため「世界観」を実写で表現した映像にしました。
この動画の詳細を見る

商品・サービス紹介動画の制作をご検討の方

まずはお気軽にご相談ください。

ゲームの広告動画の制作でよくいただくご質問

Q. 動画制作における費用はいくらかかりますか?
A. お客様のご要望や納期に応じて、動画制作の費用は案件ごとに異なります。 「動画制作・映像制作の費用が決まる仕組みと内訳」に関しては、こちらのページでご案内しています。
Q. 相談だけでも大丈夫ですか?
A. もちろん可能です。 お見積りをお出ししてご発注をいただくまでは無料となっておりますのでお気軽にご相談ください。 LOCUSの担当者が丁寧にヒアリングをさせていただきます。
Q. 制作期間はどれくらいかかりますか?
A. ご依頼いただく内容によって変動がありますが、 撮影なしの動画制作の場合:1ヶ月~1ヶ月半程度、 撮影ありの動画制作の場合:1ヶ月半~2ヶ月程度が目安となります。
Q. 費用の支払いタイミングはいつになりますか?
A. 原則、ご納品後の請求とさせていただいております。
Q. 動画の著作権は、自社(依頼者側)になりますか?
A. 原則、弊社に帰属とさせていてただいております。 ただし、映像の使用用途および使用期限やコピーの制限はございません。 著作権譲渡のご相談も可能ですので、詳しくはLOCUSの担当者にお問い合わせください。
Q. どのような業界に対応していますか?
A. BtoB、BtoCを問わず、様々な業界の企業様に対応しております。 お客様の目的に合わせて適切な動画をご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

ゲームの広告動画の制作の流れ

  • 1.担当がお客様の与件をヒアリング。対面・お電話での打ち合わせはもちろん、Web会議も可能です。
  • 2.ヒアリング内容を元に、参考となる動画事例を含めたご提案と見積もりを提出。
  • 3.提案内容・金額・条件面などにご同意いただきご発注。その後、内容に応じて適切なクリエイターをアサイン。
  • 4.動画制作の進行スタート。お客様とクリエイターとのやりとりにはLOCUSスタッフが介在します。
  • 5.お客様にご納得いただいた上で、最終データをご納品。

Back To Top