動画制作・動画コンサルティングの株式会社LOCUS(東京都渋谷区)動画が、ビジネスを動かす。

CLIENT INTERVIEWSお客様インタビュー

AWA株式会社様

  • プロモーション
  • 動画広告
  • サービス紹介動画
  • ダウンロード促進

効果のカギは「質の良い動画」と「シンプルな訴求」のバランス

世界最大規模の楽曲提供数を誇る定額制音楽ストリーミングサービスのAWA。まだ定額制音楽ストリーミングサービスを利用したことの無い潜在的なユーザーにアプローチするため、認知拡大を目的とした動画制作を行いました。担当者のAWA株式会社 プランナー 柳田 理宇氏に、動画の質による印象の変化やSNSとの相性、動画制作時のエピソードなどについてお伺いしてきました。
  • ツイート

貴社では、いつ頃からどのように動画を活用されていますか?

柳田氏:当社の創業、サービスリリース直後のテレビCMから動画を活用しています。また、最近はWeb広告や自社のソーシャルメディアにおいて、アーティストの新曲リリースのお知らせなど動画での発信を実施しています。

 

 

SNSと動画の関係についてどのように捉えていますか?

柳田氏:動画は態度変容を促すのに最適なツールだと思いますし、SNSとも相性が良いと考えています。SNS上のフィードを見た際に、動きがあるコンテンツは目に留まりますし、その動画の質が高ければつい見てしまうのではないでしょうか。

SNSではTwitterに力を入れています。現在、AWAのアカウントは音楽サブスクリプションアカウントの中で、トップのフォロワー数を保持しています。トップに至るまでの過程で、従来の投稿は文章や写真のみだったところを、アーティストのコメントやMVなどの動画も加えました。文章+動画にすることで視聴者の印象をあげることに成功し、その結果多くの方にフォローしてもらえるアカウントにすることができたと感じています。

 

 

LOCUSにご発注いただいた理由をお聞かせください。

柳田氏:今までは主にユーザーの獲得を目的に動画を活用してきましたが、良質なユーザーの獲得だけではなく、改めてAWAの認知拡大をすることを目的においた動画を制作することになりました。そこで動画に関しての専門知識やスキルを持つプロフェッショナルに任せた方が良いという判断から、LOCUSさんにご依頼したという流れです。

 

WEB CM動画

    

 

 

今回、動画を制作してみて社内外での反響はありましたか?

柳田氏:社内からは、AWAの特徴であるスタイリッシュさがよく出ている、訴求内容が絞られていてシンプルで分かりやすい、との反響がありました。動画の出稿先であるAbemaTVの番組制作サイドからは、動画の質が高く、インプレッションも良かったと報告を受けました。良い反響を得ることができ、嬉しく思っています。

 

 

LOCUSとの制作進行についてお聞かせください。

柳田氏: AWAでは「質の良い動画」の定義を、AWAの持つスタイリッシュでクールな印象がしっかりと表現された動画であるとしています。過去の動画活用の実績からも、質の良い動画の方がインプレッションやコンバージョンが高い傾向にあることが分かっていたので、今回もそれを目指しました。

 

今回初めて制作のフロントに立ったので、分からないことが多かったのですが、お金をかけるなら「質の良い動画」を作りたいという私の拘りがあり、そんな熱意に応えてくれる制作体制でとても心強かったです。

 

制作中のアイデア出しでは、「スマートフォンを3Dにして回転させたい」、「スタイリッシュでカッコ良い印象を持ってほしい」など抽象的な相談を含めて、色々な案を持ち寄りました。協議を重ねる中で、共通のイメージを持つためのビデオコンテを持ってきてくださったこともありましたね。おかげで、思い通りのAWAのイメージを表現することができました。

 

また、自分たちだけの発想だといつも同じような内容になりがちです。今回は第三者目線として、LOCUSさんのアドバイスを参考にできた点が、質の高い動画を制作できた理由の一つです。

 

LOCUS野呂:ディレクターと協議しながら、「AWA様の魅力」を伝える工夫をしてきました。また、一方通行にならないコミュニケーションを意識し、メールでのやり取りは何度もさせていただいたことで十分な擦り合わせをすることができ、微調整を重ねることで質を高めることができました。

 

柳田氏:制作のスピードは迅速で、サポートまでして下さり、任せっきりで大丈夫だという安心感がありました。このような大きなディレクションをするのは今回が初めてでしたが、メールでの細やかな連絡やリクエストする微調整に快く応えてくださり、納得の仕上がりになるまで伴走してくれました。

 

 

動画制作の難しさ、デメリットについてはどのような見解でしょうか?

柳田氏:動画は与えられる情報量が多く、視聴者に与える影響が大きいと思っています。そのため、質が高ければ良い効果は大きい反面、質が低ければ悪い効果が大きくなる可能性があります。動画の質が低いとそもそも興味関心を与えることは難しくなりますし、訴求内容を詰め込みすぎると訴求したいポイントを見せることが同様に難しくなります。その結果、マイナスのイメージに繋がることもあり、このバランスが動画の難しさだと感じています。

配信チャネルに流れる動画広告を見てくれる人は、それを見ようと思って視聴している訳ではありません。興味を持って見てもらうため、冒頭の数秒で注意を引く、訴求内容を絞り込む、などのポイントがあります。その大切さを今回改めて感じることができました。

 

 

動画制作のパートナーに期待することを教えてください。

柳田氏:動画制作のパートナー選びには、自分たちの期待に応えてくれることはもちろん、安心して任せられるパートナーであることが重要だと思います。LOCUSさんではその二軸をしっかりと行ってくれました。

初めての取り組みでも不安や弊害がなくスムーズな動画制作ができたことに満足しています。これを機にこれからもお付き合いをして行きたいと思っていますし、他社さんにお勧めできるパートナーだと感じています。

 

AWA株式会社様の制作映像

企業プロフィール

AWA株式会社様
高音質で5,000万曲以上の音楽が聴き放題のサブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービス「AWA」を中心としたスマートフォンサービスを運営。ユーザーの好きを自動で分析し、まだ知らない新しい好きな音楽に出会えることはじめ、スマートフォンの他にもパソコンやテレビなどシーンと合わせた機器と機能で音楽をより身近なものにしています。SNSや動画を用いたプロモーション活動を積極的に実施。

こちらも併せてご覧ください

株式会社コネクシオ様

コネクシオは人財が強み。社員の生の言葉を伝える動画が採用活動に役立っています Read more

JFD株式会社様

動画は強力な営業補助ツール。『人の顔が見える』動画が店舗開発に役立っています Read more

株式会社ジャルパック様

初めての動画広告で目標対比180%を達成!商品に込められた想いを改めて知る機会にもなりました Read more

株式会社クリエイトエス・ディー様

満足のいく動画制作はパートナーとの信頼関係が基盤。採用動画の活用で印象を付け、説明会で聞く効果をアップ Read more

Back To Top