VIDEO USAGE動画の活用用途

ブランディング用動画の制作
映像だからこそ実現するブランド世界観の表現

人が商品やサービスを購入する際、機能面や価格面での価値だけでなく、ブランドへの共感や信頼感など心理的なつながりも意思決定を左右する重要な要素になります。そのため、ブランドの理念やビジョン、世界観などを丁寧に訴求し、消費者とブランドのつながりを強化するブランディング活動が求められます。
表現スタイルも長さも自由自在で、見る人の心を動かす力を持つ動画は、オリジナリティのあるブランドメッセージを訴求するのに最適な手法です。

ブランディング動画の制作をご検討の方

まずはお気軽にご相談ください。

ブランディング用動画のメリット

  • 表現の幅は無限大であり、ブランドの世界を自由に表現できる
  • 動画は文字や写真よりも記憶に残りやすい
  • 心を動かす動画は人々の間で自然拡散されやすい

主な掲載場所/活用シーン

  • コーポレートサイト
  • サービスサイト
  • YouTubeチャンネル
  • SNS
  • 動画広告・テレビCM
  • 採用活動

LOCUS制作実績の一例

LOCUSは企業やブランドのパートナーとなり、ブランドの価値や理念を的確に捉えた上で、それを効果的に訴求する動画クリエイティブに落とし込んでいきます。 CMレベルのハイバジェット・ハイクオリティ動画はもちろん、少ない予算でもしっかりとブランドメッセージを伝える動画を企画制作します。

「INCOCO」プロモーション動画 (ニューポート様)

マニキュアという商品を映像でしっかりと見せるため手元を中心におき、日記を書くことでストーリが進むドラマ仕立て映像企画にしました。
また、女性ディレクターをアサインし日記の演出など女性のリアルを描く工夫を施しています。

この動画の詳細を見る

「ith」ブランディング動画 (アーツアンドクラフツ様)

オーダーメイドの結婚指輪を検討している方に向け「ith」というブランドの理解促進のために制作しました。ドキュメンタリーの中にドッキリの要素を入れ、つくり手とお客様の心温まるエピソードをありのままに語ってもらい「ith」の魅力が伝わるような構成になっています。

この動画の詳細を見る

「X-lift」ブランディング動画 (インタースペース様)

インタースペース様が提供する「X-lift」ブランディング動画です。
ロゴやサービス内容を具現化し日本から世界へ広がっていくことをイメージしています。

この動画の詳細を見る

テレビCM“あなたにとってギターとは” (島村楽器様)

a flood of circleの佐々木亮介さんを起用し、「あなたにとってギターとは」を語っていただき、実際に演奏をすることでギターを弾くことのかっこよさの表現を目指しました。

この動画の詳細を見る
「ブランディング」 制作実績をもっと見る>>

ブランディング動画の制作をご検討の方

まずはお気軽にご相談ください。

Back To Top